歯の黄ばみで悩んでいるあなたに除去・取る方法をお伝えします。

menu

歯の黄ばみを取る方法

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

あなたのお口は、虫歯もなく歯周病に悩まされることもなく、健康な口腔内を維持できていますでしょうか?

口腔内トラブルによって歯が一本悪くなることは、

  • 噛み合わせが変わる
  • 身体のバランスが崩れる

ことにつながります。

 

口腔内を健康に保ち、よく噛めることが身体の健康につながっているのです。

我々日本人は特に、欧米人に比べ『口が汚い』『口が臭い』状況にあります。

実は、欧米人は日本人に対して口が臭いと感じているのです。

北欧の国スウェーデンは、『予防歯科』先進国として知られています。

そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。

 

その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に『予防歯科』を国家的『歯の磨き方』一大プロジェクトスタートさせました。

効果は絶大で、現在のスウェーデンの歯の磨きで、世界で最も歯科疾患が少ない国になったと言われています。

我が国日本の現状と、スウェーデンの習慣を学びあなたの口腔内トラブルをなくしていきましょう!

 

日本とスウェーデンの『虫歯事情』

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

かつてスウェーデンは、虫歯大国といわれる日本より子どもの虫歯の多い国でした。

しかし、約30年前に国を挙げて国民の虫歯根絶に取り組んでからは、子どもの虫歯は日本の約10分の1以下に減りました。

虫歯ゼロ大国スウェーデン式の歯科予防法を取り入れるべきなのです。

 

マウスケアへの意識

予防歯科先進国であるスウェーデンと比較しながらみていこうと思いますが、まずは各国の『1年間に使用する歯ブラシの平均本数』は

  • 日本:3.5本
  • 韓国:8本
  • ドイツ:20本
  • スウェーデン:12本

となっています。

日本人の場合は約3〜4ヶ月に1回の歯ブラシ交換頻度。

あなたは歯ブラシの毛先にどのくらいの菌が付着しているかご存知ですか?

イギリスのマンチェスター大学の研究では、1ヶ月使用後の歯ブラシの先端にはなんと100000000匹の菌が付着していると報告しています。

この数、なんと○便クラス。。。

古い歯ブラシを使うより某有名便器を舐めていた方がきれいかもしれませんよ!

 

予防歯科の取り組み

歯磨きをきちんとすることをはじめ、虫歯や歯周病にならないようにしっかりと予防することを専門用語で『予防歯科』といいます。

この予防歯科ですが意識調査の結果、日本ではまだ20%ほどの人しか必要性を理解していないといわれています。

その一方で、欧米では全人口の70%以上の人が予防歯科の大切さを感じているという結果が出ているのです。

欧米の人たちは歯磨きに対する理解が深いんです。

 

予防歯科の考え方は、日本ではまだ十分に浸透していませんが、虫歯になってから痛い思いをして治療するよりも、歯磨きを工夫して、虫歯を予防するほうが絶対にいいですよね。

虫歯になると、治療費もかかりますし、治療のための時間ももったいないです。

一般的に、歯医者さんのお仕事は虫歯になってからの『治療』がメインとなりますが、予防歯科を中心におこなう歯医者さんの場合は、虫歯の治療が要らないように、毎日の歯磨きの正しく方法や、歯を大切にケアするための考え方を伝えることがお仕事です。

そして、予防歯科は、歯医者さんに通わずとも、自宅で実践することができるんです。

 

あなたは歯垢を残さず、毎日ちゃんと歯を磨いていますか?

私たち歯科医が歯磨きを口うるさく奨励しているのは、歯科の2大疾患である虫歯と歯周病は、どちらも細菌が原因であり、予防するためには歯磨きで口の中の細菌の数を少なくすることがとても大切だからです。

 

スウェーデンでは大人の虫歯治療は自費

スウェーデンは、虫歯と歯周病の予防に関しては、世界を牽引する『予防先進国』として知られています。

国民の意識も高く、社会保障の一環としてある程度強制力のあるシステムで虫歯・歯周病予防のためのプログラムが提供されています。

具体的には、歯科衛生士による

  • 定期的な健診
  • フッ素塗布
  • 歯磨き指導
  • メンテナンス(歯石取りなど歯面の清掃)

などが挙げられます。

子どもの頃から予防知識、セルフケアの技術を教えてもらいます。

そもそも日本とは異なり、成人の虫歯治療には健康保険が適応されず100%自費となるので、いい大人が虫歯になったら治療費が高くて大変なのです。

それゆえ、スウェーデンでは歯磨きに対する気合いが違うのです。

 

スウェーデン式歯磨き

毎日の歯磨きは、通常の歯ブラシ(3列ブラシ)で磨くのが当たり前だと思っていませんか?

日本では『3列ブラシ1本』で虫歯や歯周病のリスクを防ぐのが主流な考えであるといえます。

ところが、『予防先進国』である北欧のスウェーデンではワンタフトブラシと呼ばれる、磨き残しを防ぐためのデンタルグッズがメインとして使われているのです。

 

この『ワンタフトブラシ』、最近ではスウェーデン式歯磨きと呼ばれ、メディアで取り上げられ話題になっています。

要は通常の歯磨きに加えて、ワンタフトブラシと呼ばれる植毛部分が小さなミニ歯ブラシを使って、普通の歯ブラシでは届きにくい箇所を

  • 仕上げ磨き
  • 部分磨き

する方法のことです。

 

ワンタフトブラシであれば隅々まで行き届き、結果的に口腔内をきれいに保つのです。

特殊な三角毛のワンタフトブラシは、通常の歯ブラシでは届かない、磨き残しの多い場所に『ピンポイント』で清掃が可能です。

その効果は、口内環境保持に厳しいスウェーデンの人々も認めるだけの使用価値があるのです。

 

ワンタフトブラシの効果と使用方法15のポイント

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

虫歯や歯周病などの歯科疾患が世界で一番少ないのが、北欧のスウェーデン。

そのスウェーデンの人々が、毎日のオーラルケアに取り入れているアイテムがワンタフトブラシです。

日本ではあまり使われていませんが、特徴的な三角毛のブラシが効率良く歯垢を除去してくれるので、磨き残しを防ぎ、虫歯や歯周病の予防に絶大な効果を発揮してくれます。

 

ワンタフトブラシ+歯ブラシ

 

ワンタフトブラシは以下のような、お口の中の歯垢が溜まりやすい場所、磨き残しの多い『リスク部位』の清掃に効果的です。

  • 歯周ポケット
  • 歯並びの悪い場所
  • 矯正装置を取り付けた部分
  • ブリッジを入れた部分
  • 生えきっていない親知らず
  • 歯の根っこが露出した部分
  • 上の前歯の裏側

歯並びが悪かったり、親知らずが生えていたりと、お口の中の状態は人によってさまざまですので、それに適応した磨き方で2分間ワンタフトブラシを使い続けてください。

最初にワンタフトブラシで2分、その後歯ブラシで1分磨いてみてください。

合わせて3分磨くことで、効率良くかつ歯垢除去効果もアップされるのです。

 

ワンタフトブラシの効果は2倍以上

 

磨き残しを防ぎ、ブラッシング効果を高めるには、歯ブラシよりも最初にワンタフトブラシを使うことが重要です。

ワンタフトブラシであらかじめ磨きにくい部分を磨いておき、そのあといつも通りに歯ブラシで磨いていけば、歯磨き時間も短縮できる上に歯垢もしっかり取り除くことが可能です。

これが、スウェーデンで30年前から実施されている、ワンタフトブラシをメインで使用した歯垢除去のやり方です。

 

この方法を、20~80代の方171名で試した結果、歯ブラシをメインに使用した場合の磨き残しが『約50%』だったのに対し、ワンタフトブラシをメインで使用したスウェーデン式の場合約20%まで減少したのです。

つまり、ワンタフトブラシをメインで使用することにより、その歯垢除去効果は2倍以上になるわけです。

ワンタフトブラシは、デンタルグッズとして口腔ケアに欠かすことのできない存在なのです。

 

歯周ポケットをキレイに

ワンタフトブラシは『ポイントブラシ』とも呼ばれます。

歯と歯茎の境目部分にある『歯周ポケット』は、歯垢が溜まりやすく磨き残しが多い部分でもあります。

その磨き残しが後々、虫歯や歯周病を招くことにつながってしまうのです。

そのリスクのある部位を磨くためには、ワンタフトブラシを上手に使って予防していきましょう!

ワンタフトブラシの持ち方は、ペンを持つように握る『ペングリップ』が基本です。

 

 

境目を磨く

ワンタフトブラシは、先の尖った三角形のかたちをしていて、細かい部分を磨くのに適しています。

その特徴を最大限に生かすため、歯と歯茎の境目をなぞるように磨いてみてください。

歯周ポケット内の歯垢を上手にかき出すための効果的な方法といえます。

 

歯並びが悪い部分

歯並びが悪く、複雑に入り組んでいるような場所を磨くには、ワンタフトブラシが有効です。

歯並びの悪さは審美的な問題だけでなく、ブラッシングの際にどうしても磨きにくさが生じてしまうことです。

このような場合、歯ブラシでは、上手に歯垢を取ることがどうしても難しくなってしまうのです。

 

ワンタフトブラシの構造上、歯並びが悪い場合でもブラシの先を歯に届けることが可能とあります。

その利点を効率良く生かし、歯面にブラシをしっかり当てて磨いていきましょう。

歯茎に炎症がある場合には、軟らかめのブラシで歯と歯茎の境目をなぞりながら、やさしく磨くことを心掛けましょう。

 

歯列矯正の時も

ワンタフトブラシは、矯正治療を行った人にも便利なアイテムです。

歯の矯正治療は『ブラケット』と呼ばれるワイヤーで固定した装置を歯に付けて歯並びの矯正を行います。

ブラケットは主に金属製のものが使われ、審美性を重視した場合には、プラスチックやセラミックを用いる場合があります。

ただ、このブラケットを装着した歯の周辺は、歯ブラシでは磨きにくく、ワンタフトブラシの機能性を生かして磨いていくことがベストな方法なのです。

 

ブラケットの周囲やワイヤーの下は、汚れも溜まりやすくなってしまいます。

矯正装置を歯に付けたあとは、虫歯の発生リスクに注意を払わなければいけません。

装置を付けただけでリスクは4~5倍になるともいわれています。

ワンタフトブラシは、こうした矯正装置の周辺を磨くのにも適していて、ブラシを装置の下に入れて手前にかき出すように磨くことで、歯垢を除去することが可能なのです。

 

ブリッジ部分を磨く

失った歯の機能を取り戻すために行った『ブリッジ』の部分は、歯ブラシでは磨きにくいのが難点です。

その上、歯の欠損部分(歯肉の上)に位置する『ポンティック』と呼ばれる人工の歯の隙間には、食事の際に食べ物が挟まりやすくなります。

その隙間を清掃するのに、ワンタフトブラシが有効なのです。

 

ポンティックの隙間にワンタフトブラシを挿入し、細かい動きを加えてきれいにしていきます。

また、歯肉の退縮が起きて、分岐部が見えてきている場合にも、ワンタフトブラシを使って清掃していきます。

 

萌出(ほうしゅつ)途中の親知らずを磨く

歯が生えることを萌出(ほうしゅつ)といいます。

お口の中に親知らずが生えている方はたくさんいると思いますが、親知らずがまだ萌出途中の場合、歯ブラシでは歯垢をかき取ることが十分にできないのです。

ワンタフトブラシを使用する際、鏡を見ながら歯に当てて微動させて磨いてみてください。

そうすることで歯垢は取れやすくなります。

萌出途中のことを半萌出(はんほうしゅつ)といいますが、この状態の歯を磨くには、コンパクトで操作しやすいワンタフトブラシが最適なのです。

 

露出した歯根部分

 

歯の根っこが露出してしまっているような場合、その部分に歯垢が溜まってしまいます。

歯垢の中に潜む細菌が出す刺激物質により、歯がしみるという感覚である『知覚過敏』の症状が生まれます。

この部分を磨くには、やわらかめのワンタフトブラシを使うのが効果的です。

歯の根っこが露出した部分は、毛先の軟らかいタイプのワンタフトブラシで、やさしく磨いてあげましょう。

通常の歯ブラシで強く磨いてしまったり、歯磨き粉の研磨剤で傷つけてしまうことで、しみる原因を招いてしまいます。

歯磨き粉は低研磨性の製品か、研磨剤が無配合の製品がおすすめです。

 

前歯の裏側

 

上の前歯の裏側は凹んでいるので、歯ブラシでは磨きにくい場所です。

コンパクトなワンタフトブラシを使って上手に磨いてあげましょう。

ワンタフトブラシの持ち方の基本はペングリップですが、上の前歯の裏側を磨く場合、手の平でしっかり握る『パームグリップ』の持ち方で、ひじをついて安定させた状態で磨くと磨きやすく疲れません。

磨く際は、小さな動きを繰り返し行い、歯垢を除去していきましょう。

 

ブラッシング&マッサージ

歯磨きは最低1日に2回以上しないと、虫歯菌や歯周病菌が残りやすくなります。

口腔内の酸化が進む食後10~15分以内に歯磨きをすることで、虫歯の進行を食い止められます。

就寝中は唾液の分泌が減って虫歯になりやすいので、歯磨きせずに寝てしまうのは禁物です。

歯だけでなく、歯茎をマッサージするようにブラッシングすることで血行がよくなり、歯周病も予防できます。

 

歯磨き粉は『フッ素』入りがおすすめ

フッ素は歯の表面に付くことで、まるでよろいをまとうように、歯を丈夫にしてくれる効果があるので、歯磨き剤はフッ素入りのものがおすすめです。

スウェーデンではフッ素を子どものときから使うことで、虫歯予防に役立てています。

 

食後の『キシリトール』が効果的

スウェーデンのお隣フィンランドでは、歯磨きやフッ素のほかにキシリトールを食後に摂ることを推奨することで、国民の虫歯を激減させました。

天然由来の甘味料キシリトールには、虫歯の原因となる歯垢や酸をつくらないように働きかける力があるのです。

甘いおやつの代わりに一部キシリトール入りのガムやタブレット(キシリトール濃度の高いものが理想)を摂ることをおすすめします。

 

歯磨きジェルもおすすめ

ワンタフトブラシをより効果的に使用するためには実は『歯磨きジェル』の使用もおすすめです。

ワンタフトブラシの場合、ペースト状の歯磨き粉ですと付けにくいという難点があるので、こうした『ジェルタイプ』のものが最適です。

中でも塩酸クロルヘキシジンと呼ばれる成分を配合している歯磨きジェルはおすすめです。

この成分は、虫歯菌や歯周病菌を殺菌し、予防にも効果を発揮します。

また、フッ素を配合していれば

  • 歯茎の炎症抑制
  • 口臭防止
  • 歯の再石灰化
  • 歯質の強化

なども促進します。

歯磨きジェルは1000円前後、ワンタフトブラシは300円~400円前後で販売されています。

 

おすすめワンタフトブラシ

耐久性の高いと言われている『PBT毛材(ポリブチレンテレフタレート)』を使用したブラシがおすすめです。

この素材はナイロン性のものと比べると耐久性が4.2倍を誇ります。

さらに、湿った状態での毛の硬さは2倍強といわれていて、歯垢除去効果の高い製品なのです。

 

また、吸水率が約15分の1と水はけが良く、乾きやすいのが特徴です。

そのため、雑菌の繁殖も防いでくれるのでブラッシング後も安心です。

ブラシをチェックしてみると、先端に向けて均等にカットされ、滑らかな状態になっています。

これにより、ブラシの先が磨き残しの多い『リスク部位』にしっかり当たって歯垢を除去してくれます。

その毛先の本数も多いものが良いです。

中には『830本』もある商品もありますので、どうせ定期的にかえるならいろいろ試してみることをおすすめします。

 

定期的な歯科検診と予防ケアを

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

歯の状態は人によって千差万別なので、歯の健康のためには、プロの個別ケアとメンテナンスが必要です。

定期的に歯科検診を受けていれば、磨いているつもりでも

  • 磨き足りない個所
  • 強く磨き過ぎて傷ついている箇所
  • 隠れた虫歯

など、自分では気づけない問題を適切に改善できます

歯科医院で、3カ月に1度は定期健診を受ける習慣をつけましょう。

 

0歳でもデンタルケア

スウェーデンでは、まだ歯が生えていない赤ちゃんのときから、授乳後に歯ブラシを口の中に入れて、自然に歯ブラシに慣れさせます。

そうすると、乳歯が生えてから急に歯ブラシを入れられることにストレスを感じなくなり、食後に歯磨きをすることに抵抗を覚えなくなります。

お子様がいらっしゃるご家庭では、赤ちゃんのころから予防ケアをしていくことで、将来的にもオーラルケアにおける意識の高いお子様に育ってくれるかと思いますよ♪

 

高齢者は根面虫歯に注意

25年以上前には、80歳以上の日本人は1人平均4本しか歯が残っていませんでしたが、80歳で20本以上歯を残そうという厚生労働省と日本歯科医師会の提唱する『8020運動』の推進により、現在では20本以上残っている人が4割以上います。

しかし、ちゃんと噛める健康な歯が残っている人は多くはいません。

加齢に伴い特に注意したいのが、歯茎が下がることにより、根元にできる虫歯(根面虫歯)です。

根面虫歯を防ぐには、歯間ブラシやワンタフトブラシで入念に磨くようにしましょう。

 

まとめ

スウェーデン式歯の磨き方で虫歯ゼロ!?日本人の息が臭すぎる件が衝撃的

あなたのいつもの歯磨きに『ワンタフトブラシを取り入れる』ことが効果的であるという発見があったのではないでしょうか?

どんなに健康なものを食べたり飲んだりしていても、それを取り込む入口である口の中が虫歯菌や歯周病菌でいっぱいでは、本末転倒です。

虫歯&歯周病を防ぐことは、全身の病を未病で防ぐことにもつながるのです。

自分のお口の中で磨きにくい場所=磨き残しの多い場所でもあります。

その部分をワンタフトブラシで2分磨き、あとは通常の歯ブラシで1分磨いてあげてください。

ワンタフトブラシを取り入れても『たった3分』の歯磨き法で、毎日のオーラルケアが効率良く改善されるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031