歯の黄ばみで悩んでいるあなたに除去・取る方法をお伝えします。

menu

歯の黄ばみを取る方法

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

『奥歯を白くしたい』

 

そう思った時に知っておきたいのがその費用。

その治療法が、保険適応なのか自費なのかであなたの歯を白くする方法も変わってきます。

 

現在でも保険内治療において奥歯に用いられることが最も多いのは、金属色の銀歯です。

奥歯に銀歯が入っていると場所によっては目立つし、金属アレルギーなども心配になりますよね。

奥歯であっても歯の色はもともと白いし、白い歯である方がいいはず。

条件によっては保険診療で奥歯を白くできるのですから、ぜひあなたもこの記事を参考に検討されてみてはいかがでしょうか?

今回は奥歯を白くするための方法と保険適応の種類と特徴についてご紹介していきます。

 

お好きなところからどうぞ

【奥歯を白い歯へ】銀歯を入れている人によくあるお悩み

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

奥歯を白くしたいと考えている方の多くは、もともと虫歯で治療した後に銀歯となってしまい、その見た目や合併症などの壁にぶつかる方も少なくありません。

主に以下のようなことに悩まれているようです。

 

見た目による問題

  • 視線が気になってお口を大きく開けられない
  • 過去に治療を受けたことを他人に気付かれたくない

 

金属アレルギー

装着している銀歯から金属イオンが溶けだし、皮膚湿疹やかぶれなどといったアレルギー反応が起こります。。

このようなことから、銀歯から金属を使用しない白い歯に変える治療を受けられる方がいます。

奥歯で銀歯以外の被せ物で修復する場合は、保険が適用されず、全額自己負担で受ける自由(自費)診療になります。

診断書によって、奥歯を銀歯にするか差し歯のような『被せもの』にするかどうか『保険上の適応』を決めることができます。

 

保険適用内から適用外まですべて含めると、1本あたりの差し歯の値段は、およそ3000円から20万円までという値段の幅があります。

保険適用内の差し歯では、3000円から8000円程度に収まるお値段ですが、保険適用外では、およそ4万円から20万円といった大きな違いがあります。

それは、主に素材の違いとなります。

費用をできるだけ安く抑えたいという人もいますし、審美上、望ましくなければ保険適用外の治療でも構わないという方もいるでしょう。

特に、人前で目立つ前歯の差し歯に関しては、各素材の特徴をあらかじめ知っておくべきです。

奥歯を白くするための方法として、金属アレルギーで銀歯を使用できない方と、銀歯を使用する方の両方について順番にご紹介していきます。

 

そもそも『差し歯』って何!?

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

差し歯とは歯の根を使って土台を作り、被せ物をする方法です。

差し歯とは歯の根を利用して被せ物をすることです。

 

しかし、実は奥歯でも前歯のように白い差し歯で治療することができるのです。

鏡で口の中を見た時や、大口を開けて写っている自分の写真を見たとき、予想以上に銀歯が目立って見えて気になったことはありませんか?

最近では白い材料で治す方法も増えてきています。

過去の治療で入れられた銀歯を外して白い材料の歯に変える人も増えています。

 

以前は土台と被せ物が一体だったために、歯の根に差し込むように治療を行っていたため差し歯と言いました。

現在、多くの場合、土台と被せ物を分けて治療をします。

奥歯の治療の際に、金属アレルギーをお持ちの方が使用するものがこの『差し歯』になります。

 

奥歯の差し歯には必要な条件がある

差し歯って聞くと、よくイメージされるのはやはり『前歯』ではないでしょうか?

実は差し歯って、前歯だけでなく『奥歯』にも使用可能なんです。

しかし、奥歯に差し歯を使用する場合は条件が必要です。

それは、奥歯には噛む力が60kg程度かかるため、前歯のように審美性だけでなく『強度も必要になる』ということなんです。

 

知っておきたい奥歯の『小臼歯』と『大臼歯』

奥歯とは噛む力が強くかかるところで大臼歯と小臼歯に分けられます。

小臼歯は保険外で『セラミック』や、保険診療でも『ハイブリットセラミック』という手法で白くすることが可能です。

また、大臼歯は保険外でセラミック、保険では皮膚科で金属アレルギーの診断書があればハイブリットセラミックで治療が可能になります。(平成28年4月より)

 

【銀歯を使用していない】奥歯の治療方法と費用

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、すべてセラミックからなる被せ物です。

その特徴として、自分の歯に近い色や艶を最も再現することができるというものがあります。

しかし、すべてセラミックからなるため、歯ぎしりや食いしばりをする人は割れる可能性が高くなります。

また、強度を保つために、オールセラミックに一定の厚みが必要となりますので、歯を削る量が多くなります。

見た目自然さを選ぶならこちらの方法がおすすめです!

ただし、前述しているように、耐久性は若干劣ると考えられますので要検討です。

費用の相場といては7~17万円(1歯あたり)となっています。

 

小臼歯の白い差し歯の種類と特徴

 

【自費診療】セラミック

小臼歯は口を開けたときにかなり目立つ位置にあります。

そのため審美的に重要でできるだけ残っている歯に色を合わせられるセラミックがおすすめの治療法です。

セラミックは色が変色せずに綺麗な状態を長期間保つことができる差し歯です。

費用は7万円〜12万円程です。

 

【保険適応】ハイブリットセラミック

保険診療で白い差し歯を希望される場合、小臼歯には『ハイブリットセラミックの差し歯』で治療ができます。

ハイブリットセラミックはプラスチックとセラミックを混ぜ合わせた材料です。

差し歯が入った直後は綺麗な状態を保てますが、徐々に色が黄色くなってしまいます。

 

大臼歯の白い差し歯の種類と特徴

 

【自費診療】ジルコニアセラミック

歯の表面部分にセラミックを焼き付けたジルコニア(人工ダイヤモンド)の被せ物です。

オールセラミックの次に、自分の歯に近い色や艶を再現することができます。

ジルコニアは、金属に近い耐久性がありますが、極端に硬い物を噛んだときに、歯の表面に焼き付けたセラミック部分が欠ける恐れがあります。

内面のジルコニアは硬い素材ですので、再治療が必要となったとき取り外しに時間がかかることがあります。

 

大臼歯には自分の体重と同じくらいの強い力がかかります。

通常のセラミックだと陶器のため割れてしまうことがあります。

『ジルコニア』はセラミックの中でも強度が強く、割れにくい材料なんです。

強度が強い分透明感がなくなります。

そのため噛み合わせの強い方や歯ぎしりが強い方は大臼歯にジルコニアセラミックをおすすめします。

費用は7万円〜15万円程になります。

 

【保険適応】ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミックは、セラミックとプラスチックを混ぜた被せ物です。

その特徴としては、自分の歯のような色調を再現できるのですが、プラスチックが混ざっていますので、経年的に艶がなくなったり少しずつ変色したりすることがあります。

オールセラミッククラウンよりも割れにくいと言われていますが、極端に硬い物を噛んだときに割れることがあります。

金属を使用しない白い歯の中で、最も安い治療費で修復することできます。

平成28年4月より歯科用金属のアレルギーの診断書があれば、保険で大臼歯にハイブリットセラミックの差し歯にすることが可能になりました。

ただし、ハイブリットセラミックは吸水性があるため時間が経つと劣化しやすい材料で、強度がないために大臼歯では割れてしまう可能性があります。

費用の相場としては4~12万円(1歯あたり)といなっています。

 

オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウンは、すべてジルコニアかからなる被せ物です。

その特徴としては、素材のメーカによって異なるのですが、2~7色の中から歯の色を選択しますので、歯の色によっては若干色浮きすることがあります。

すべてジルコニアで作られているため、金属に近い強度で破折の不安が少なく、歯の切削量を抑えることができます。

しかし、再治療が必要となったときに、取り外しに時間がかかることがあります。

費用の相場は8~18万円(1歯あたり)となっています。

その他の自由(自費)診療としては、メタルボンド(歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属の被せ物)や、ゴールドクラウン(金合金や白金加金などからなる被せ物)があります。

見た目やアレルギーなどの問題だけではなく、お口の状態によって受けられる治療が限られることもありますので、詳しくは担当の歯科医師とよく相談しましょう。

 

白くはできない保険の銀歯の差し歯

保険診療では金属アレルギーでない場合、銀歯になります。

こちらについては後述していきますが、機能的には問題のない材料です。

しかし、劣化やサビ、精度などがジルコニアセラミックに比べると劣ります。

 

奥歯を白いセラミックの差し歯にした方がいい4つの理由

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

見た目が綺麗

歯はもともと白い色をしています。

白い差し歯で治療をすることによって周りの歯と同じ色にして、治療したことがわからないようにすることができます。

口を開いたり、笑ったときに銀歯が目立つのは恥ずかしいですよね。

 

汚れがつきにくい

セラミックの白い差し歯で治療をすると差し歯の周りに汚れが付きにくくなります。

セラミックは陶器です。

そのため歯磨きやデンタルフロスで擦ると汚れが落ちやすく、口の中の清潔な状態が保てます。

 

虫歯になりにくい

セラミックの白い差し歯で治療をするとセラミックが劣化しにくいため、虫歯になりにくいです。

銀歯などは錆びやすく隙間から虫歯になりますが、セラミックの差し歯は口の中の温度や水分などの厳しい環境でも劣化を起こしにくく、セラミックと歯の隙間から虫歯になりにくい治療法です。

 

差し歯が壊れにくい

特に『ジルコニアセラミック』の差し歯は強度が強く、壊れにくい差し歯です。

奥歯には自分が思っている以上の力がかかります。特に歯ぎしりやくいしばりがある方は長時間強い力が歯にかかり、自分の歯でも割れてしまうことがあります。

 

差し歯ができない場合の歯を白くする3つの治療方法と費用

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

ジルコニアセラミックのブリッジで前後の歯を削る

しっかりとした歯の根が残っていないと奥歯に差し歯をすることはできません。

歯の根がない場合は前後の歯を削って、橋のように3本の歯を2本の土台でつなぐブリッジ治療を行います。

ブリッジは隣の歯の根で支えられるため、噛む感覚は歯と同じです。

しかし、なくなってしまった歯の負担が前後の歯にかかってしまいます。

費用は21万円〜45万円程です。

 

【注意】保険で奥歯のブリッジは銀歯だけ

保険診療で奥歯のブリッジを行う場合は銀歯だけになります。

金属アレルギーで金属が使えない場合は『入れ歯』にする必要があります。

 

インプラントで顎に人工の根を入れる

歯の根を失った顎の骨に人工の歯根であるインプラントを入れ、その上に差し歯のようにジルコニアセラミックを入れると、白い歯が入ったように見えます。

周りの歯を削らず治療を行えるため、歯に優しい治療です。

費用は30万円〜45万円程です。

 

フックが見えない『スマイルデンチャー』

歯も削りたくないけど、インプラントも怖いという方にはスマイルデンチャーがおすすめです。

入れ歯にかかる銀のフックが歯の色や歯茎の色でできているため、目立たないで入れ歯を入れることができます。

噛む力は自分の歯の20%程度になります。

費用は7万円〜25万円程です。

 

奥歯を差し歯にするときに生じる3つの問題

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

保険内の治療では、審美的な問題の多い前歯の差し歯ですが、奥歯の場合は、保険適用範囲の治療でも、大きな問題は少ないと言えます。ただし、金銀パラジウム合金が主体なので、前歯同様に以下の3つの問題が生じることを覚えておきましょう。

  1. 周囲の歯茎が黒くなる
  2. 金属の劣化によって隙間が生じ新たな虫歯になりやすい
  3. 硬い素材なので、噛み合わさる歯を損傷する可能性がある

もちろん、金属アレルギーのある方は、保険適用外の金歯やジルコニアといった素材を選択することが必要となります。

 

【奥歯】歯医者さんで銀歯を白くする方法

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

保険適応で白くする4つの方法

 

コンポジットレジン

歯の一部分に詰めてある小さな銀歯を白くする時に行われる治療法です。

銀歯を外し、歯と同じ色のコンポジットレジンを詰め、光を当てて固める方法で、多くの歯医者さんで行われています。

メリット

  • 通常1回の治療で完了することができる
  • 比較的削る量も少なくて済む

デメリット

  • 小さな銀歯を外した場合にしか適応できない

 

硬質レジン前装冠

前歯を白くする際に保険で最もよく使われます。

金属の被せ物ですが、表面は歯と同じ白い色のレジンが貼り付けてあります。

内部が金属のため強度があり、裏側(舌側の面)は銀色になっています。

  • 中切歯:一番真ん中の前歯
  • 側切歯:中央から数えて2番目の歯
  • 犬歯:前から3番目『糸切り歯』

のみが保険適応となります。

 

メリット

  • 金属でできているため壊れにくい
  • 人それぞれの歯の色に合わせて作ることができる

デメリット

  • 保険内では前歯にしか使えない
  • 裏側は金属色(通常は外から金属色が見えることはほぼありませんが「裏も全部白くしたい」という方には不向き)
  • 長期的に使っていると着色してくる

 

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠は、硬質レジンという歯科用プラスティックでできた被せ物です。

  • 中切歯
  • 側切歯
  • 犬歯
  • 犬歯の隣の第一小臼歯

ここまでが保険適応となっています。

前述の硬質レジン前装冠のように金属の裏打ちがないので、表も裏も白いです。

 

メリット

  • 金属を使用しないので全面が白い
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 割れたりすり減ったりしやすい→噛み合わせが強い場合には使用できない
  • 硬質レジン前装冠と同様、経年的に着色してくることが多い

 

ハイブリッドセラミックレジン冠(CAD/CAM冠)

2014年4月より小臼歯(中央から数えて4番目、5番目の歯)のみ保険適用になりました。

レジン(歯科用プラスチック)の塊をCAD/CAMという機械で削り出して作ります。

 

メリット

  • 金属を一切使わないので金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • すり減りやすく割れやすいので、噛み合わせによっては使えないことがある(前出の硬質レジンジャケット冠よりは優れた強度を持つ)
  • 長期に使用すると前出の2つと同様変色してくることが多い

CAD/CAMの設備が必要で、厚労省の認可を受けた歯科医院のみ保険適応での提供が認められています。取り扱っている医院がまだ少なく、自費診療として行っている医院もあるようです。興味のある方は受診する歯医者さんに事前に問い合わせてみてください。

 

【自費】保険外で白くする5つの方法

 

セラミックインレー

歯の一部分に詰めてある小さな銀歯を白くする場合に行われる、セラミック(陶器)でできた詰め物です。

メリット

  • 優れた見た目で、汚れが付きにくく、変色しにくい
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーなどの心配もない

デメリット

  • 割れやすい
  • 他の詰め物に比べると歯を削る量が多い

 

ハイブリッドセラミックインレー

こちらも歯に詰めてある小さな銀歯を白くする治療法。

セラミック(焼き物)とレジン(歯科用プラスチック)を混ぜて作る詰め物です。

メリット

  • セラミックインレーと比較すると割れにくい
  • 金属アレルギーの可能性は非常に低い

デメリット

  • 経年的にみると変色する
  • 衝撃に強く割れにくいが、長期的に見るとすり減ってくることが多い

 

オールセラミック冠

全体がセラミック(陶器)でできている被せ物です。透明感があり、天然の歯に最も近い質感を再現できます。

メリット

  • 透明感があり見た目が良い
  • 汚れが付きにくく、殆ど変色しない
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの可能性も低い

デメリット

  • 割れやすい
  • 他の方法に比べて歯を削る量が多くなる

 

メタルボンド

中身は金属で、表面にセラミック(陶器)を貼り付けたかぶせ物です。

メリット

  • 見た目がよく変色しにくい
  • 金属を併用しているので強度があり、適応範囲が広く、奥歯にも使用可能

デメリット

  • 金属を使用するので、金属アレルギーの可能性がある。
  • 金属アレルギーを起こしやすい保険の金属(合金)でなく、人体を刺激しにくい貴金属を使用すれば、金属アレルギーを起こしにくくなる
  • 裏側から見ると金属が見えるので、全面が白い材料でできているオールセラミッククラウンに比べると見た目が劣る
  • 強度はあるが天然の歯以上に硬いため、噛み合わせの歯を痛めることがある

 

ジルコニアクラウン

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに白色のジルコニアを使用し、表面にセラミックを貼り付けた被せ物です。

ジルコニアは高い審美性と強度を持ち、人工ダイヤモンドとしても使われます。

メリット

  • 透明感があり、オールセラミッククラウンには劣るが天然の歯の色調を再現することができる
  • 汚れがつきにくく、ほとんど変色しない
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない
  • 強度があるので奥歯にも使用できる

デメリット

  • 歯を多く削る必要がある
  • 天然の歯より硬いので噛み合わせの歯を痛めてしまう可能性がある
  • ジルコニアが割れることはほぼないが、覆っているセラミックが割れることがある

 

【奥歯】歯医者さんで銀歯を白くするのにかかる費用まとめ

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

【保険適応】

 

コンポジットレジン

歯1本あたり1000円前後で可能(医院によってはより審美性の高い治療を行うため保険外で行っていることもあり、その場合約1万円〜5万円ほどかかることもある)

 

硬質レジン前装冠

約5000円

 

硬質レジンジャケット冠

約3000円

 

ハイブリッドセラミックレジン冠

約9000円

 

上記の料金は、自己負担が3割の場合の一般的な金額です。

  • 削る処置の料金
  • 型取りの料金
  • 被せ物本体の料金
  • 装着料
  • 補綴物維持管理料

と呼ばれる2年間の保障料等を含めたものです。

 

【自費】保険適応外の場合

 

セラミックインレー、ハイブリッドセラミックインレー

約3~5万円

 

オールセラミック冠、メタルボンド

8~15万円

 

ジルコニアクラウン

10~20万円前後

 

保険治療に比べてかなり高額となり、医院によって値段設定もさまざまです。

治療前に見積もりを出す医院が多いので、保証料は入っているのか、保証期間はどのくらいなのか、追加で必要となる料金はないのかなどをしっかり確認し、納得した上で治療を受けられることをおすすめします。

 

歯のマニキュアならもっと簡単にできる

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

歯の表面に専用の塗料を塗り、白くする方法です。

着色の気になる天然の歯はもちろん、銀歯にも使用できます。

 

自宅で行う方法

薬局等に2000円前後で買える歯のマニキュアが販売されています。

自宅で手軽にできる方法ですが、自分で塗るのでムラができやすく、また食事等ではがれやすいです。

どうしても白くしたい時の応急的なものとして使用するのがよいでしょう。

 

歯医者さんで行う方法

『ホワイトコート』という方法です。

歯の表面をよく磨いて汚れを落とした後

  1. ベースコート
  2. ホワイトコート
  3. トップコート

と塗り重ねて光で固めます。

歯を削らず1回の来院ですぐ白くすることができ、1か月前後持つようです。

欠点は、着色しやすいこととはがれやすいことです。

保険外治療なので医院によって異なりますが、1本で約2000円~4000円程度です。

はがれやすく、塗料の厚みにより歯が分厚く不自然になりやすいので、行っている歯医者さんは少ないのが現状です。

 

銀歯を白い歯にすることのメリット・デメリット

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

メリット

たとえ奥歯で見えにくくても、大きく口を開けると銀歯が見えて気になるという人は多いと思います。

白い歯にすることで、気にせずに笑顔を作ることができます。

また、銀歯は金属アレルギーを引き起こす可能性もありますが、白い歯ですとアレルギーの起こる可能性を低くすることができます。

 

デメリット

既に入っている銀歯を白い歯にする場合、銀歯を外して歯の形を整えるために削らなければなりません。

歯は削られるほどもろくなり、寿命が短くなっていきます。

削ることによってしみたり、痛みが出たりする可能性もゼロではありません。

銀歯の入った歯に虫歯ができた場合や、何らかの症状が出たことがきっかけとなり白い歯を入れようとする場合を除き、何の症状もない銀歯を外すという時はよく考えてから治療されることをおすすめします。

 

知っておきたい銀歯最大のメリット

見た目の劣る銀歯が保険治療で最もよく使われるのにも理由があります。

他の材料に比べて最も強度が優れ、すり減ったり壊れたりすることが少ないためです。

薄くても割れることがないので、歯を削る量も少なくて済みます。

また、比較的歯に近い硬さのため、噛み合う歯を痛めることも少ないという利点があります。

金属を溶かして型に流す方法で作成され、細かい部分を再現しやすく高い精度で作ることができます。

 

銀歯を白くした方がいい3つの理由

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

金属アレルギーになりやすい

金属イオンは歯茎だけでなく、体の中にも入り込み蓄積されていきます。

ある日突然アレルギーとして出てくることがあります。

お口の中が赤くなってしまったり、体の表面の皮膚がかゆくなったりすることがあります。

アレルギーは銀歯だけではありませんが、安定しない銀歯を出来るだけお口の中に入れるのを避けるようにした方がいいのです。

 

銀歯は歯茎を黒くしてしまう

お口の中の銀歯は唾液によって金属イオン化し、小さな粒子の成分が流れ始めます。

金属イオンが歯茎に浸透し、歯茎が黒くなっていきます。

特に前歯で銀歯を使うと歯や歯茎が黒くなってしまい見た目にも目立ちます。

銀歯で黒くなってしまった歯茎は刺青のようになり、銀歯をとっても元には戻らなくなります。

気になる方は歯茎の移植を行い、黒い歯茎を置き換えます。

 

銀歯の下で虫歯になりやすい

銀歯は時間とともに劣化し、錆びてきます。

そのため銀歯と歯の隙間から虫歯になりやすく、中で虫歯が大きく広がり、銀歯が取れたころには歯がほとんど残っていないこともあります。

定期検診等で銀歯と歯の間が黒くなり始めたら、銀歯を外してやり直す必要があります。

 

まとめ

奥歯を白い歯へ!保険適用とかかる費用は?

銀歯を白くするにはさまざまな方法がありましたね。

そんな中でも、日本人の口の中から銀歯が減り、白い綺麗な歯で過ごされている方も増えてきている印象です。

ジルコニアセラミックにより奥歯に強度のある白い差し歯ができるようになりましたし、保険診療では金属アレルギーの方に限り、強度はありませんがハイブリットセラミックで白い差し歯ができます。

また、虫歯予防にも効果を発揮してれるなど、そのメリットは大きいのではないでしょうか。

こういった知治療方法は、保険外では特に治療費も高額になりますので、歯医者さんに相談して自分に合った治療法を選択してみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930