歯の黄ばみで悩んでいるあなたに除去・取る方法をお伝えします。

menu

歯の黄ばみを取る方法

歯の色素沈着をとる方法

歯の黄ばみ

芸能人は歯が命と言われますが、一般人も同じ事が言えます。

事実、歯医者さんではクリーニングやホワイトニングが人気メニューとなっていますしね。

 

美しい歯は美人・イケメンの条件ですので、色素沈着は必ず改善したいところ。

この記事では、そんな歯の色素沈着をとる方法を詳しく解説していきます。

それだけでなく、歯の色素沈着の原因・予防策なども解説していきますので、是非チェックしてみてください。

 

歯の色素沈着の原因は?

歯の色素沈着の原因

歯の色素沈着ってすごく気になりますよね。

実は、歯の色素沈着の原因はたくさんあります。

今から歯の色素沈着の方法を詳しく解説していきたいと思います。

 

虫歯

実は虫歯で歯の色が変わることがあります。

これは色素沈着ではないのですが、虫歯が原因で歯の色自体が変わってしまうのです。

 

すごく恐いですよね・・・。

 

これは歯のクリーニングで綺麗にすることはできません。

なので、虫歯は必ず治すようにしましょう。

たまに、虫歯をそのままにしている人も多いようですが・・・後から大変な事になりますので、注意していきましょう。

 

色の濃い物に注意が必要

色素沈着が起こりやすい飲み物は・・・

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 赤ワイン

 

これらの飲み物になります。

基本的には色の濃いものですね。

 

食べ物に関しては以下の物が色素沈着を引き起こします。

 

  • チョコレート
  • カレー

 

有名どころで言うと、こんな感じです。

これらは日常でもよく食べたり飲んだりするものです。

 

反対に先程ご紹介した物を食べたり、飲んだりしなければ色が付きにくくもなります。

ですが、特にカレーやチョコレートのような食べ物は、好きな方が多いですから、我慢するとストレスになり、体に悪影響を及ぼす事もあります。

 

そこで少しでも色素が歯に付くのを防ぐ工夫をしてみましょう。

 

例えばですが、飲み物に関してはストローを使うのも良い方法ですよね。

直接飲むよりも液体が歯に触れにくくなります。

 

またそれらの物を飲んだらすぐに水を飲むのも有効的ですし、食後にうがいするのもおすすめです。

 

歯に色素が浸透してしまう前にそれを洗い流してしまう事が大事なんですね。

 

タバコのヤニ

タバコを吸う人は歯にタバコのヤニがこびりついてしまいます。

歯の表は白くても、裏側がヤニだらけの人もいますよね。

 

それにタバコのヤニは歯磨きではなかなか取れないのが厄介なのです。

また、喫煙は健康や美容にも良い効果が一切ありません。

 

しかも口臭の原因にもなりますし、正直良いところは1つもありません。

これを機会に禁煙にチャレンジしてみましょう。

 

食べ物の組み合わせにも要注意です

食べ物の組み合わせ

食べ方、飲み方の組み合わせによっても着色具合が変わってくるのをご存知ですか?

特に気を付けたいのが酸性の強い物と色素沈着しやすい物の組み合わせです。

 

酸性の強い食べ物は、歯のエナメル質を一時的に弱めてしまうのです。

それと一緒に色が付きやすい物を食べてしまうと大変。

いつもよりも着色効果が高まり歯に色も定着しやすくなってしまいます。

 

ちなみに酸性の食べ物は下記の通りです。

 

肉類

肉類は酸性になりますので、色素沈着する可能性が非常に高いので注意が必要です。

 

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉他
  • 肉の加工食品

 

などなど・・・主に肉類全般は酸性になります。

実は卵類も酸性になります。

 

  • 鶏卵
  • 魚卵
  • 卵黄他

 

これら卵を多く含んだ食品は酸性なので要注意です。

 

魚介類

魚介類も酸性になります。

  • あさり
  • アジ
  • あなご
  • あわび
  • イカ
  • いくら
  • イワシ
  • うなぎ
  • うに
  • エビ

これらの魚介類は歯のエナメルを溶かしてしまう酸性になりますので、注意して食べましょう。

 

 

穀物

穀物って酸性なの?

と、思った方も多いと思いますが、実は酸性の部類に入ります。

  • 玄米
  • そば粉
  • 白米
  • 小麦粉
  • パン

などなど、これらの穀類は酸性になりますので、注意が必要です。

 

このように、歯の色素沈着の原因は本当にたくさん存在します。

では、今から歯の色素沈着を予防する方法をご紹介していきたいと思います。

 

食べ物で歯の色素沈着を予防&改善

歯の色素沈着

先程の酸性の食べ物のところでも感じたと思うのですが、どんなに気を付けていても着色を防ぐのは難しいものなのです。

ですが、その食べ物の中にも実は歯を白くするのを助けてくれる種類があるのです。

今からそれを紹介していきます。

 

乳製品

乳製品は豊富なカルシウムを含んでいます。

そもそもカルシウムは歯の主成分となりますので、乳製品を多めに摂ることで歯質が強化されます。

 

また酸っぱい物を食べると口の中が酸性に傾きます。

すると歯のエナメル質が弱まってしまい色素が付きやすくなります。

それに虫歯のリスクが高くなります。

 

ですが、歯を強い酸から守ってくれる乳製品を摂取する事で、タンパク質やミネラルが摂取されますので、色素沈着のリスクが減少します。

 

パパイヤとパイナップル

パパイヤとパイナップルは両方とも自然の酵素を豊富に持っている果物です。

この酵素が歯にこびりついている歯垢を分解して落としてくれるのです。

 

なので、歯の汚れや色素沈着が気になる人は、積極的にパパイヤとパイナップルを摂取していきましょう。

 

しょうが

冷え性対策の強い味方として、生姜は非常に有名ですよね。

ですが、白い歯を作る効果にも優れているのを知っていましたか?

 

主な効果は炎症を抑える事と、殺菌作用に優れているため口の中のトラブルを軽減してくれます。

健康な歯と歯茎を保ってこそ白い歯が作られます。

 

りんごと梨

りんごや梨にはリンゴ酸という酸が含まれている事でも有名ですよね。

この酸が色素沈着を防ぐのに働いてくれます。

 

りんご酸が含まれた歯磨き粉があるくらいですから、りんご酸は歯に良い事は理解できると思います。

 

このように、食べ物の中でも歯を丈夫にしたり、歯の汚れ、色素沈着を予防&改善する効果がある物がたくさんあります。

歯の汚れが気になる人は積極的に摂取していきましょう。

 

歯磨きを丁寧にする

歯の磨き方

歯の黄ばみの予防法として一番簡単かつ重要なのが、歯を丁寧に磨くことですよね。

普段ちゃんとと磨いているつもりでも、実際は磨き残しがあることが多いんです。

 

歯医者さんでも『磨き残しありますよ〜』と、言われた経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

綺麗に磨くコツとしては、歯を磨く際には歯の1本1本を意識していく事です。

また、食べ物を口にした後は、基本的に毎回歯磨きをしましょう。

 

食べカスの滞留が歯の色素沈着の原因でもある『ステイン』を作り出しますから、素早いケアが大切です。

外出中などで歯を磨くのが難しい場合は、水やマウスウォッシュで口をゆすぐだけでも一定の効果がありますよ。

 

では、続いては・・・今回のメインテーマである色素沈着の治し方や除去方法を解説していきます。

ちなみに色素沈着を治す方法は3つあります。

 

  1. 歯医者で歯を綺麗にしてもらう方法
  2. 歯医者で歯を着色しにくくしてもらい方法
  3. 自宅で歯を白くする方法

 

2番目は予防対策の部類に入りますが、大事な事になりますので、是非チェックしてみてください。

 

歯医者で歯の着色をきれいにしてもらう方法

歯医者で歯を綺麗にする方法

歯医者で歯を綺麗にしてもらう方法をご紹介していきます。

 

コーヒー・紅茶・茶渋には歯のクリーニング

コーヒーや紅茶などの色が付いてしまうと自分で全てを落とすことが難しくなります。

ですが、歯医者でクリーニングしてもらうと細かな所まできれいに着色を落とすことができます。

前歯の表面だけであれば1回で着色を落とすことができます。

 

子供の着色も落とすことができる

子供の乳歯の前歯にも着色します。

年齢が低ければ無理に汚れを取る必要はありませんが、歯医者に慣れる意味でも着色をとって綺麗にしたいところです。

フッ素を塗ってあげれば、虫歯予防には効果的です。

 

頑固なヤニを落とすには超音波

タバコのヤニは歯に強力に付いているので、超音波振動を当てて取る必要があります。

全てを取り去るには何度かに分ける必要があります。

ただし、その間にまたタバコを吸えばまたすぐにヤニが付いてしまうのがデメリットですね。

 

詰め物の着色には研磨

前歯にプラスチックを詰めている場合は着色しやすくなるので注意が必要です。

ですが、歯医者で研磨すれば綺麗になります。

ただし、プラスチック自体が劣化で色が変色している場合は詰め物をやり直す必要がありますので、その辺りは歯医者と相談が必要になります。

 

オフイスホワイトニングを行う

歯の中に入り込んだ着色はクリーニングだけでは落とせないこともあります。

オフィスホワイトニングを行うことによって短期間で、ホワイトニングと同時に、細かい着色を落としながら、歯も白くできます。

 

歯医者で着色しにくい歯にしてもらう方法

歯の黄ばみ

続いては、歯医者で着色しにくくする方法をご紹介していきます。

予防策の部類に張りますが、重要なので共有していきますね!

 

歯の細かい傷を修復するトリートメント

歯の表面に細かい傷がある方は着色しやすくなります。

一般的なクリーニングは汚れを落とすだけなので、また新たに着色してしまいます。

 

ですが、トリートメントを行えば表面の傷を修復し着色しにくい歯にしていきます。

歯医者によって行っていない場合もありますので、事前に確認をしてください。

 

セラミックは着色しにくい

歯に詰めてあるプラスチックは歯に比べて表面が荒く、歯ブラシや歯磨き粉によって傷がつき着色しやすくなります。

ですが、セラミックは表面が細かくできていますので、傷がつきにくい構造になっています。

よって、着色しにくい歯になります。

 

自宅で歯の色素沈着の治し方や除去方法

歯の黄ばみを取る方法

歯の色素沈着の治し方には様々な方法はあります。

ですが、最近の主流でもある自宅で歯の色素沈着を治す方法です。

 

美白用歯磨き粉で歯を磨く

美白用の歯磨き粉には歯の表面の汚れを落とす研磨剤と、ステインを浮き上がらせる成分が含まれています。

成分の違いで売り文句が変わりますが、実はほとんど大差はありません。

これだけで着色を全て落とすのは難しく、歯医者でのクリーニング後、着色しにくいように維持する方法として使ってもらうのが最も効果的です。

 

ですが、ここで1つ注意点があります。

 

歯を白くしようとして荒い研磨剤の入った歯磨き粉などを使うと一時的にはきれいになりますが、歯の表面に傷がつくためすぐに着色しやすくなりますので注意が必要です。

一般的な歯磨き粉では問題ありませんが、海外の歯磨き粉などは、荒い研磨剤が含まれていることもありますので、気をつけましょう!

そこでおすすめなのが、管理人が実際に試しているホワイトニング用歯磨き粉です。

また、食器用の漂白剤やレモンなど果物で磨くと表面が酸によって侵され、酸食症(さんしょくしょう)という表面のエナメル質が溶けてしまいます。

最終的には歯がギザギザになりますので、余計に色素沈着が起こる可能性はあります!

 

市販の歯の消しゴムで歯をこする

通販などで売っている歯の消しゴムの成分はシリコンゴム・研磨剤が含まれています。

着色を少しだけ取るならいいかもしれませんが、ゴシゴシしすぎると歯の表面に傷がついて、余計に着色しやすくなってしまいます。

歯の消しゴムはほどほどに使ってください。

 

ホワイトニングで着色を取ることができる

ホームホワイトニングのトレーを持っていれば自分で取ることができます。

着色が気になった時、ホームホワイトニングを自分で行えば、歯も白くなると同時に着色も落としてくれますよね。

 

ですが、価格が40,000円程かかりますので注意が必要です。

そして、薬剤のお金が1~2週間分で5,000円~10,000円程度になっています。

この事からお金に余裕がある人には最適な方法だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は歯の色素沈着をとる方法をご紹介していきました。

 

歯の色素沈着の原因を理解できれば、今あなたができる事が理解できると思います。

また、色素沈着の除去方法や予防方法も詳しく解説していきましたので、是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年7月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031