歯の黄ばみで悩んでいるあなたに除去・取る方法をお伝えします。

menu

歯の黄ばみを取る方法

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

あなたは歯を白くする方法で何を思い浮かべますか?

自分でできるアイテムですか?それとも『歯医者さんでなんかするんじゃない』なんて想像していますか?

今、口コミでその効果が話題となっている方法があるのですが、歯を白くする方法の中でも歯の消しゴム歯のマニキュアってご存知ですか?

歯を白くするための手段は、歯磨き粉を使ったブラッシングや、歯医者さんで行うホワイトニングだけではないのです。

ホワイトニングよりも手軽で、ブラッシングよりもすぐに歯を白くすることができるのが、この『消しゴム』や『マニキュア』を使った方法なんです。

歯の消しゴムやマニキュアは、あなたの『ここ一番』という日の当日に『美しい白い歯で臨みたい』そんな希望に応じてくれるアイテムです。

市販で売られているものを使って、自分で歯を白くすることもできちゃうお手軽さも備え、歯医者さんの技術による綺麗でムラのない塗り方で、白くしてもらうことも可能です。

そんな歯の消しゴムや歯のマニキュアの効果を口コミと共にご紹介していきます。

 

お好きなところからどうぞ

歯のマニキュアとは

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

歯のマニキュアの効果

マニキュアを使った歯を白くする方法に興味はあるけど、

  • 『市販のものでどのくらい効果があるのか?』
  • 『上手に塗ることはできるのか?』

といった心配をされる方も少なくありませんよね。

歯のマニキュアは、ホワイトニングのように薬剤を使って歯を漂白させるものではなく、白く美しい歯に憧れるあなたがもっと手軽にその願望を叶えるためのアイテムです。

 

その効果は半日から1日と短いのですが、オシャレに敏感な女性を中心に注目され市販の人気製品も誕生しました。

歯のマニキュアの最大の特徴はどんな方法より確実に早く白くすることができる点です。

ホワイトニングで白くする場合は理想の白さになるまでに時間がかかったりある程度の予算が必要ですがマニュキュアについては比較的安く手に入りすぐに白くしたりまたすぐに元に戻せたりします。

非常に手軽に歯の色を変えることができるためその点では便利に使えるアイテムといえます。

歯のマニキュアはどんなシーンで使うべきか

歯のマニキュアはすぐに効果があらわれるため日にちを限定されたイベント等に適しています。

たとえば結婚式など1日だけの効果で良い場合などです。結婚式までに歯自体を白くしていくブライダルホワイトニングと呼ばれるコースも色々な歯科医院やサロンで用意されていますが正直時間もお金もけっこうかかってしまいます。

もっと気軽に1日だけでも良いから白い歯になりたい!そのような願いを叶えるのが歯のマニュキュアです。

通常のホワイトニングでは白くならない神経のない歯や銀歯も目立たなく白くカバーすることができます。

 

歯のマニキュアの注意点

名前通り歯のマニキュアは歯自体の色を変えるのではなく自分の歯の上から塗料を塗って表面的に色を変えるものです。

よって塗料の厚みで歯がボッテリと見えたり天然歯特有の透明感がなくなり不自然な白さに仕上がることはある程度あきらめが必要です。

また塗り方によりかなり塗りムラがでるため本番の前に一度塗る練習と耐久性のテストをしましょう。

厚みのためどうしても食事などをすると割れてきて剥がれ落ちたりもします。固いものを食べるときなどは特に注意が必要です。

 

歯のマニュキアをさらに詳しく

歯のマニキュア

出典:www.hanokibami.mobi

歯を一瞬で白くする方法!といえば、マニュキア。

歯のマニュキアといえば、クリニックで行う方法がありますが、満足度や持続性は高いことが多いものの、費用が高額であったり、クリニックによって満足度が変わったりします。

また、メンテナンスのたびに費用がかかります。

一方、市販のマニュキアは、一番手軽に、低予算で、すぐに白い歯を手に入れられる方法です。

ネイルのマニキュアとは違い、口の中に使用しても問題のない樹脂系の塗料を使用しています。

 

しかし、ネイルのマニキュアと同じで、歯に厚みが出たり、ムラが出てしまったり、自分でキレイに塗るには練習が必要です。

また、効果も1日のみや歯磨きをしたら落ちるものが多いですが、使いこなせれば手放せなくなるアイテムです。

歯のマニキュアは薬剤を使って歯を漂白するのではなく、名前のとおり歯に白い塗料を塗ってコーティングする方法です。

 

【簡単!2ステップ】歯のマニキュア使用方法

  1. まず歯をティッシュなどでふいて乾かす
  2. その上からさっと塗る

速乾性のものが多く、10秒程で乾くそうです。

2~3回薄く塗り重ねるだけで、歯を簡単に白くできるのが特徴です。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

 

歯のマニキュア4つのメリット

  • 神経を抜いたことによって変色した歯や、差し歯や銀歯にも使用できる
  • 手軽にできて、即効性がある
  • 比較的安価(1本2000円程度)
  • 失敗してもやり直せる

 

歯のマニキュア デメリット

  • 歯に厚みがでて不自然に見えることがある
  • 食事などですぐとれることが多い
  • 慣れるまではムラになることもある
  • 持続期間は1日程度

結婚式などのイベントで、1日だけでいいから歯を白くしたい方や、薬剤の効かない銀歯や差し歯も白くしたい方にとっては、とても便利なアイテムですね。

インターネットやバラエティストアで購入が可能です。

尚、マニキュアを行っている歯科医院もあります。

歯科医院専用のものを使って処置しているため、仕上がりもきれいで、約1~3カ月程度もつそうです。

市販されているマニキュアは病院のものとは異なりますのでご注意下さい。

 

【歯のマニキュアの塗り方】上手に塗りたいあなたへ

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

歯のマニキュアを使ってみたいと思っても、『上手に塗れるのか心配』という場合や『使ってみたけど何だかムラがある』などの経験をされる場合も少なくありません。

せっかく試してみるのですから、そういったことはできるだけ避けたいものです。

そんなあなたのために、歯のマニキュアを上手に塗るおすすめな方法や抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

 

【ペンタイプ】塗り方3ステップ

  1. 事前に歯磨きを行って歯の汚れを落とし、マニキュアを塗りやすくしておく
  2. キャップを閉めたまま、カチカチと音がしてから『15秒以上』振り続ける
  3. 歯の水分は『ムラ』ができる原因となり、剥がれやすくなってしまうため、ティッシュやコットンで歯の表面の水分を拭き取る。この時、唇と歯茎の間にコットンを挟むのがおすすめ

 

ペンタイプ塗り方5つのポイント

  1. キャップを外したら、液体が全体に滲むように押す
  2. 液は少なめに使い、多く出た場合は、ティッシュで拭くなど調整する
  3. 1本の歯に対して2~3回、歯の付け根から歯の先へとサッと一塗りで行い、(ネイル用のマニキュアよりも)薄く塗っていく
  4. 同じように、続けて3~4本の歯を一気に塗っていく
  5. 乾くまで『約15秒』そのままにしておく。薄くなり過ぎて重ね塗りするときは『15秒後』乾いてから行うのがおすすめ。

 

【ボトルタイプ】塗り方3ステップ

  1. 事前に歯磨きを行って歯の汚れを落とし、マニキュアを塗りやすくしておく
  2. キャップを閉めたまま、カチカチと音がしてから『15秒以上』振り続ける
  3. 歯の水分は『ムラ』ができる原因となり、さらには剥がれやすくなってしまうため、ティッシュやコットンで歯の表面の水分を拭き取る。この時、唇と歯茎の間にコットンを挟むと良い

 

【ボトルタイプ】塗り方④つのポイント

  1. ボトルの口で液量を調整し、歯に塗る前に液体の量は少なめにして塗っていく
  2. 1本の歯に対して2~3回、歯の付け根から歯の先へとサッと一塗りで行い、(ネイル用のマニキュアよりも)薄く塗っていく
  3. 同じように、続けて3~4本の歯を一気に塗っていく
  4. 乾くまで『約10秒』そのままにしておく。この時、薄くなり過ぎて重ね塗りするときは10秒後乾いてから行うのがおすすめ。

 

歯医者さんでマニキュア

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

ここまで、通販やドラックストアで購入できるいわゆる『市販』の歯のマニキュアをご紹介してきましたが、『歯を白くする』といった方法の一つに『歯科で行うホワイトニング』というのも印象的ではないでしょうか。

歯医者さんでは、歯科用のマニキュアを使ったホワイトコートという方法で歯を白くしていきます。

ホワイトコートとは、爪にジェルネイルを塗る感覚で歯を白くしていくので、ホワイトニングよりも手軽に行えるのが魅力です。

銀歯や差し歯を白くしたい場合も可能なんです。

ホワイトコートの色は、自然な色から真っ白なものまで用意されていて、自分好みの白さを実現させることができます。

では、市販のマニキュアと歯医者さんで行う『ホワイトコート』ではどういった違いがあるのでしょうか?

メリットとデメリットを含め、ホワイトコートの流れをご紹介していきます。

 

【ホワイトコート】3つのメリット

  1. 効果の持続が2~3ヶ月(市販の場合は半日~1日)
  2. 自分で塗ることに自信がない人でも、プロの手で綺麗に仕上げてくれる
  3. 剥がれにくい

 

【ホワイトコート】2つのデメリット

  1. 費用が高額:保険適用外のため、歯1本:約2000~4000円、上下の歯8本ずつ:約16000~32000円
  2. 持続させるには歯医者さんに通ってメンテナンスが必要

こうやって見てみると、やはり歯医者さんで行う歯のマニキュアは効果的であり、持続性も高いといった特徴があります。

反対に、市販のものよりも高額であり『なかなか手を出せない』なんて抵抗を感じる方も少なくありません。

定期的に通院しなければならないといったことが面倒に感じてしまう方もいるでしょう。

どちらにせよ、あなたに合った方法で『継続すること』が一番の方法といえることは間違いありません。

 

【歯医者でマニキュア】ホワイトコート8つの流れ

  1. カウンセリングを行い、自分の好きな歯の色を選択し、試し塗りも行う
  2. 歯の表面の汚れを落とすため、クリーニングを行う
  3. 最初に『ベースコート』を塗る
  4. 次に『ホワイトコート』を塗って、ムラなく仕上げる
  5. 紫外線を含んでいない安全な光を、歯1本に『約20秒』照射する
  6. ホワイトコートが固まりだし、歯の表面がツルツルになる
  7. 最後に、表面の余分な液体を拭きとってから『トップコート』を塗り、再び光を当てていく
  8. 歯にツヤと輝きが生まれる

ホワイトコートは通常1回で終了し、30分~1時間程で行ってくれます。

塗って2~3日は、歯の表面に着色汚れが付きやすいため、主に

  • 喫煙
  • 紅茶
  • コーヒー
  • 赤ワイン

などといった着色しやすいものを口にすることは避ける必要があります。

あなたが白い歯を手に入れるために、この辺りは徹底が必要なんですね。

 

知ってえおきたいホワイトコートの注意点

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

前述したように、塗って2~3日は歯の表面に着色汚れが付きやすいため喫煙のほか紅茶やコーヒー、赤ワインといった着色しやすいものを口にすることは避ける必要があります。

これを守るか守らないかで、大きく効果が変わってきます。

仕上がりはジェルネイルのように表面がつるっとしていてマットな白さになります。

経験と技術が必要なため施術者の腕により仕上がりにかなり違いがあるといわれています。

 

【口コミ】歯のマニキュア使ってみてどうだった?

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

30代女性Uさん:『持ち歩いて使用しています』

歯の黄ばみが気になり購入しました。
あまり厚く重ねると不自然なので薄塗りが良く自然に仕上がりお出かけに塗って活用しています。

20代女性Aさん:『知覚過敏でも大丈夫でした』

知覚過敏とかがあっても、大丈夫みたいです。
特に刺激とかは感じないし、飲食に不便もないです。

人前で恥ずかしくて口を開けて笑えない、と思っていましたが、これを塗っていたら、ちょっとずつ自信を持てる様になってきたみたいです。

塗り方は簡単だし、おすすめです。

40代女性Kさん:『市販のものを使ってみました』

マニキュアの液の色がクリーム色に近いので心配でしたが塗ってみるときれいに白くなりました。歯磨きをするだけで落ちますし、歯と歯が当たれば結構すぐに落ちてしまいます。
笑った時に見える歯にはおすすめ。全体塗りは不自然になりやすいので慎重に技術が必要です。銀歯も白くカバーできます。

30代女性Tさん:『歯医者さんでやってみました』

虫歯があったのでホワイトニングができなくてマニキュアをしました。1回でも見違えるほど白くなったのには驚きました。
自然な白い歯になりたかったのに、不自然な感じ。乾かす時間が長かったです。

市販のマニキュアは、今日1日白い歯でいたいときや気軽に塗ることができ、すぐに落としたい時には便利なものですよね。

歯医者さんで行う場合は、実は賛否両論あるようです。

1日で白さを実感し満足された方、不自然な色味に不満の方など、感じ方はそれぞれ違うのが実際のようですね。

 

歯の消しゴムで汚れを落とそう

歯の消しゴムで白くする

出典:www.styleround.com

歯の表面についてしまったタバコのヤニや、コーヒーのステインなどを落とす事に効果的な歯専用の消しゴムを使う方法もあります。

歯の消しゴムは、柔らかいシリコン状のゴムと、研磨剤を含むペーストタイプの薬品がセットになっていて、薬品を消しゴムにつけて歯を磨くことで、ステイン等の着色汚れを削り落とすタイプが一般的です。

タバコのヤニや、コーヒーや赤ワイン等によるステインが気になる方にはおすすめの商品です。

お風呂に入りながらなど気が向いた時にさっとケアができて、コンパクトで携帯もしやすいため、出張や旅行などで自宅を離れるときにも便利ですね。

歯と歯の間が汚れてしまって、なかなか取れないという方にはおすすめです。

例えば、トゥースティックダブルという歯の消しゴムが人気ですが、費用としては約500円です。

 

歯の消しゴム使用時の注意点

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

 

但し、通常の歯磨きよりも研磨力が強いため、磨きすぎたり使い過ぎが原因で歯を傷つけてしまう可能性があります。

磨きすぎによって歯のエナメル質が摩耗してしまうと、内部の象牙質が透けてみえて余計に歯が黄色くなることはお伝えしましたね。

『白くするつもりが逆に悪化してしまった』ということのないよう、使用方法をよく読み、1回につき約15分程度、1週間に1~2回を目安に使いましょう。

 

歯の消しゴムの使用方法

  1. 歯と消しゴムの水気を取る
  2. 白くしたい歯に、優しく擦る
  3. 使用後は水でうがいをする
  4. 消しゴムが汚れた場合、1mm程度カットする

 

歯の消しゴムのメリット

  • 自宅で簡単に出来る
  • 持ち運びが可能で外出しても使える

 

歯の消しゴムのデメリット

  • 磨き過ぎは歯を傷つける
  • 効果に個人差がある

 

歯の消しゴムって結局効くの?リアルな口コミをcheck!

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

 

20代女性Sさん:『安く試すことができました』

一本だけ昔から黄色い歯があって、気になってました。
安価なので歯の消しゴムを試しに購入しました。
そこそこ気にならない程度に落ちました。
完璧に落とすことは無理ですけど。

30代女性Oさん:『汚れが付いた歯に効きそうです』

1本だけ茶色くなった歯があったので、キレイになったら儲けもの的な気持ちで買いました。

ゴシゴシしてたら落ちました。
ミントの香り?味?も私は好きでした。
他の歯はどうかと思い、やったら落ちませんでした。
元々の歯の色には効かないみたいですね。
コーヒーやお茶などの汚れには効くみたいなので、汚れがついてしまったときには活躍してくれそうです☆

40代女性Yさん:『持ち運びも便利です』

よく紅茶やコーヒーを飲むため、ボールペン並みの大きさの消しゴムだからポーチにいれて持ち歩けるし汚れケアに使っています。
驚くほどは白くはならないのですが汚れは落ちます。ワインを良く飲み色素沈着しやすいので愛用したいと思います。

 

まとめ

歯を白くする消しゴムとマニキュアの驚くべき効果とは?口コミをご紹介

あなたの歯を白く美しくするためのアイテムの一つである、歯のマニキュア・歯の消しゴムについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

歯のマニキュアは、言ってしまえばどんな歯でもすぐに白くする方法としては一番手軽で簡単です。

ただし、仕上がりには個人差があり評判としては賛否両論があるのが現実です。

歯科医院で施術するという選択肢もありますが、歯科医院でカウンセリングを受けた際にマニキュアよりも本来の自分の歯をキレイに見せるオフィスホワイトニングに魅力を感じてそちらを選択される方が大多数といった場合もあります。

とは言っても、歯の消しゴムにしてもそうですが、何もしなければ何も変わらないのは言うまでもありませんよね。

何もしていない人よりも行動を起こしたあなたの歯は、はたから見ればかなりのイメージアップにつながることは間違いありません。

どの方法があなたに合っているかは、実際に試してみるほかありませんし、カウンセリングを受けた上で施術されるのもあなたの生活を豊かにするための投資と考えてみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930